usagi_note

日々の学びをアウトプット!

一日を気持ちよく始める朝習慣。

f:id:rtmkkk:20200413074734j:image

「時間がうまく使えない」「いつの間にかこんな時間!」

時間はたっぷりあるはずなのに、今日は何をやったんだっけ?と毎日がなんとなく不完全燃焼…
与えられた時間をうまく使えてなくてモヤモヤ。

こんな状況を打破するために、今月から意識的に始めた朝習慣。
簡単なことですが、意外に効果的!
朝から気分がスッキリして時間が有効に使えるようになりました。

時間があっという間に感じる原因

朝起きたらまずTVでニュースを見る。
ニュースを見ながらスマホでゲーム。
ゲームに没頭し、気づけば早一時間。
そこからだらだらと朝食づくり、お弁当づくりに取り掛かる。

家族が起床しあわただしく過ごす。
ほっと一息つくまでに約2時間。
一息タイムはSNSやワイドショーチェック。
そうこうする内にもうお昼です…

受動的な時間が多すぎた

SNSやゲーム、TVなど、時間が奪われるものに気を取られすぎていました。
冬の寒さでヒーターの前から動けなかったのも要因か…。
これらの行動は無意識のうちに行っているもの。
体に染みついた習慣のように、リモコンやスマホを触っている自分に気づく。
一度ソファでゆっくりとしてしまったら、重い腰がなかなか上がらない。
これではだめだー!!と一念発起。行動パターンを変えることにしました。

朝いちばんにやる!

・夜に稼働させた食洗機の中身をからっぽにする

たったこれだけ。

2週間続けてみた結果、色々と気づきがありました。


 得られる効果とは?

自分の行動を見直してみたときに、”ソファでひと息”が「動けなくなるサイン」。

そこで朝一番は、まず行動することを意識。
食洗機の中身を空っぽにする、という行為は頭を使わない単純作業。
何も考えずにハードル低くスタートすることができます。

「とりあえずやる」

体が動き出すと、ついでにあちこち拭いたり、ちょこっと掃除したり、思わぬ相乗効果が!

食洗機の中を空っぽにする→スッキリが体感できて気持ち良い→
もっと気持ちよくなりたい→目につくところをついでに掃除→
あっという間に掃除が完了し、空いた時間が発生。

こういう行動プロセス。

「時間をうまく使えた」達成感を得ることができました。

 先取り家事が心の余裕を生み出す

次に使うときに気持ちよくスタートできるように、きちんと片付ける。

必要に迫られて取り掛かるのではなく、未来を見据えて余裕をもって行動しておく。

根っからの面倒くさがり、ズボラタイプなので、ぎりぎりまで先延ばししたい。
こんな性格ですが、そんな自分を少し変えることができました。

食洗機をきっかけに、洗濯物が乾いたらすぐに畳む、小掃除の積み重ねで汚れをためない、など、先取り家事を率先して実行しています。

さらにステップアップするために

f:id:rtmkkk:20200414163616j:image

 これができたら最高!
「自分もやればできるじゃん」と思わせてくれるテクニックがこれ。

食洗機を使わず自分で洗う→すぐに拭いて食器棚に戻す

キッチンがすっきりと片付いて、本当に気持ち良いです。
ワークトップに出しっぱなしのものがないと、
料理するのも気合が入ります!クリエイティブな気持ちになれる。
不思議なものですが、片付けって色々なものにリンクしてくるんですね…

 

 

まとめ

受動的な時間を減らし、能動的な時間を増やせば、
時間と心に余裕がうまれ、達成感と満足度が上がることがわかりました。

小さな行動でやる気スイッチを押して、能動的な行動を積み重ねる。

ついついだらだらしがちな方は、この方法を試してみるといいかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。