usagi_note

日々の学びをアウトプット!

いま、ピンタレストが楽しい! 使える!

f:id:rtmkkk:20210113092336j:plain

 みなさま、pinterestというアプリはご存じでしょうか?

apps.apple.com

Pinterest(ピンタレストは画像検索に特化したアプリ(WEB)。
探したいキーワードを入力すると、ズラズラズラーっと画像が。
気になるものをクリックすると、それに似たようなものやカテゴリーの画像が芋づる式に次々と表示されます。

お気に入りとしてクリップした画像はMYフォルダ(以下ボードと呼びます)に保存され、一覧として見ることができます。

つまり、雑誌を切り抜いて「自分の好き」をちりばめたコラージュのようなもの!

こんな方におすすめ ・おしゃれな画像をたくさん保存したい
・インテリアの配置や DIY の画像を見たい
・ウェブ上で見つけたお気に入りの画像や記事を保存したい

 

WEB上に転がっている画像の集合体なので、インテリアやファッションだけではなく、手帳術やイラストなども。
子ども向けの画像もたくさんあるので、知育教材としても使えます。
また、画像にURLをリンクできるので、ブロガーさんにとってはアクセス流入のきっかけになる、と注目もされています。

今回はピンタレスト歴3年の私が、どんな風に使っているかをご紹介します。


「昔登録したことある」「最近登録してみたけど使い方がよくわからない」といった方の参考になればうれしいです。

ピンタレストってこんな感じです

f:id:rtmkkk:20210118172951j:image

私のボード(ファッションフォルダ)の一部です。
アクセサリーからスナップなど。
ボードに統一感を出すと、自分なりの世界観が表現できます。(他の人も見れます。見れないように鍵をかけることもできます)

 

自分のすきなものが一覧で可視化される

「あ、これいいな…!」と思ったらどんどん保存。
一覧で俯瞰してみると、自分っていまこんなものが気になってるんだ!という気づきが。そこから本当の「好き」が浮き彫りになってきます。

これは同じくファッションスナップを集めたボード。

f:id:rtmkkk:20210118061921j:image

雑誌やSNSのトレンドにとらわれない、自分のベースにあるものが見つかります。

・長いトレンチコート
・コートからフードを出す
・裾をひとつ折にしたデニム
・デニムにソックスをチラ見せする

どうやらこんなコーデが好きらしい!

自分の「好きなテイスト」が見つかると、洋服やさんでのムダ買いと悩む時間が減りました。

こういうのが欲しい!と目的があるとき。
漠然と、何かないかな?でウロウロ探すとき。

両者にかかる時間は一目瞭然ですよね。


ピンタレストで好きなテイストを探し(検索は楽しいので時間かけても良しのマイルール!笑)、目的をもって買い物に行く。

これがおすすめの使い方です。

 

では、ほかにどんな使い方があるのでしょうか?

 

私なりの使い方

インテリアの参考にする

f:id:rtmkkk:20210118061947j:image

ピンタレストには日本だけではなく、世界各国のおしゃれなインテリアの写真がたくさん。夫婦で「こんな部屋に住みたい」のイメージすり合わせのために活用させました。お互いにクリップしたものを見せ合い、妥協点を探ったり。

雑誌は買うとキリが無いですし、インスタも「#インテリア」ではジャンルに統一性が出ない。その点ピンタレストは、一つの画像を選ぶと似たようなものが引っ張られる仕組み。だから、細かいディテールの相違点などを比べることができました。

キッチンの色の組み合わせ、壁紙の色、家具の配置…。
今からお家を建てるよ!という人には便利なツールですね。

お気に入りレシピの宝箱にする

みなさん、WEBでレシピを検索したことはありませんか?
クックパッド、インスタ、GOOGLE…。いったいどこから探して作ったっけ?もう一度作りたくても作れない。
そんな経験もあるでしょう。

私の場合 ↓

・印刷してファイルにまとめる
・LineのKEEPメモに保存する
スマホのメモ帳に入力する

いろいろ試したみたけれど、どれもしっくり来ず…。
最終的に色々な場所に点在してしまいました。

どうにか一元化できないか、とたどり着いた結果がピンタレスト

f:id:rtmkkk:20210118164501j:image

◆ ルール ◆
1: ピンタレストで作りたい料理(素材)を検索
2: ボードに保存
3: おいしかったらそのまま保存。(好みでなければ削除)

 

このルールで運営すると「作ってみておいしかった」メニューが必然的に集まり、献立に悩む時間がかなり短縮されました!
サブカテゴリに仕分けできるので、自分がわかりやすい単語(すーぷ、サラダ、麺など)で登録しておけば、何も思い浮かばないときに眺めるだけでOK。

使い方としてはクックパッドのMYフォルダ的な存在。
でもクックパッド以外のサイトからもオールマイティに保存できるのでとっても便利です。

知育教材として

f:id:rtmkkk:20210119084912j:plain

折り紙やイラスト、アイロンビーズなど。
作り方の画像がたくさんあります。

子どもは自分でこれを見て、作りたいものをどんどん選んでいました。
専用のフォルダを作ってあげると、そこにぽいぽい放り込んでくれるので便利。

f:id:rtmkkk:20210119084934j:image

画像からサイト元へアクセスできるので、そのページを見ながら色々作って楽しんでいたようです。親がWEBサイトから「調べる」手間を省いてくれるのが助かります。

子どもも関連画像が次から次に出てくるので、創作意欲がむくむくと。
全部作ってみたい!と大張り切り。集中力も培われて、これも嬉しい副産物。

 

まだまだおすすめの使い方がありますが、長くなったので今回はこの辺にしておきます。(また第二弾書くかもしれません!)

おわりに

今回は、ピンタレストの楽しみ方についてご紹介しました。
ファッション、インテリア、レシピ管理、知育。
ワクワクと好きを集めて、新しい自分を発見できますように…!

今回の記事がどなたかの参考になればうれしいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

●ランキングに参加しています(日本ブログ村
応援していただけると、更新のパワーの源になります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

usagi_note - にほんブログ村