usagi_note

日々の学びをアウトプット!

時間が無いのではなく、うまく使えていないだけ

f:id:rtmkkk:20200905104421j:plain

 

私の場合、ブログを書けない理由のひとつに「内省する時間がない」というのが挙げられます。じっくり考える時間がないと、思いを書くことができないからです。

/////////////

今までも、そして今も深く考えることをせずに、受け身で生きています。

TVを観て、SNSを見て、いいなと思ったものを流されて買う。
人がおすすめしてくれたもの、流行りに乗っかり、おいしいものを食べたり、話題の店に行く。

それはそれで楽しいです。
でも何かが足りない。ただ毎日がぼんやりと過ぎていく。
このままではダメだ…という何となくの焦燥感があります。

/////////////

 

ブログを更新しようと決めてからは、本から得た学び、ふと浮かんだ疑問、モヤモヤを感じていることなど「アウトプットを前提」とした思考をしようと決めました。

意識しはじめると、自分に足りないものが見えてきて面白いです。

 

今の自分に足りないもの

  1. 深く考える力=思考力
  2. 疑問に思う力
  3. 時間管理
  4. 言語化能力
  5. 人間としての器

俯瞰的にみるとこんな感じ。間違いなく思考力は1位に輝きます。(恥ずかしい)
人生流されるままに生きてきて、考えてこなかったツケが回ってきたか…。

リストアップしてみた中で、「時間管理」が即効性がありそうなので、あらためて1日の時間の使い方を考えてみることにしました。

ムダに時間をとられているものは? 自分時間の見直し

「時間がない」理由は、おそらくスマホやTV。
やり始めるとあっという間に1時間2時間経過…。こわい、こわすぎる。

そこで今の時点でもっと減らそうなもの、ここは大事にしたいぞというものをリストアップしてみました。

削れるもの:ゲーム、SNS、TV

削れない(削りたくない)もの: 読書/インプットタイム、睡眠

読書と睡眠の時間はキープしたい!
そうなるとまとまった時間を捻出するのは不可能に近い…。

とりあえず実際はどのように時間を使っているのか、見える化してみることに

使ったツールはCampusの「スタディプランナー」。

f:id:rtmkkk:20200905101443j:plain

 このノートを使って、10分ごとに自分の行動をチェックしてみました。
バーチカル手帳で、1日の行動を振り返るイメージです。

意外に多くとられていたのは「家事」時間。
あとは予想通り、SNSチエックやネットサーフィンの時間が多かったかな。

ムダ時間を減らすためにやったこと

減らすためにやったことは3つです。

SNSチェックの時間を減らす→フォロー内容の見直し


フォロー数が多くなればなるほど、チェックする時間も膨大に。
そこで本当に必要なもの、今じぶんが見たい内容だけに絞りました。
小さな時間ですが、大きな時間の節約につながると感じます。
一通りのチェックが終われば、すぐに閉じることができますし。
ブログ→Twitter→インスタ、など習性でつい見てしまう方には効果的だと思います。

 

どのくらい時間を使っているかを意識する→ストップウォッチで測る

主にゲームをする前にチェックしています。
気づけば30分ほど経過していることも!
おぉーこんなにやっていたか、とじぶんへの戒めに。
ひとつのことに夢中になると、時間を忘れてのめりこむタイプなので、時間を意識することは自分にとって有効でした。

ちなみにストップウォッチ機能はアップルウォッチに装備されています◎

 カスタマイズで、「ストップウォッチ」と「タイマー」を直観的に操作できるようにしています。

f:id:rtmkkk:20200909084703j:image

 ③アルコールを摂らない

 飲酒すると正常な機能がストップしてしまうため(私の場合)、その後の時間がすべて終了してしまうことにようやく気づきました。
「就寝前に読書しよう」と思っても全然頭に入ってこないし、無気力になってやる気もなくなるし。

ストレスたまったときはついつい飲みたくなるのですが、メリハリをつけて。
時間を大事にしたいなぁ、今日はもう少しがんばりたい、という日にはNOアルコールで!

休肝日を設けることはからだのためにもなるし…ね。

 

おわりに

小さな見直しですが、ひとつひとつ改善していくことによって、ブログと向き合う時間が増えるだろうと感じています。
このブログを継続させることで、少しは自分に自信がもてるようになるかな…。

「時間」を意識しつづけることで、本当に必要なものを見極める。
しないことを決める、したいことに集中する。

エッセンシャル思考…もう一度読んでみようかな、とふと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。