usagi_note

使い続けている「これいいよ…!」のモノや考え方、ライフスタイルなどを載せています。

聴く力|傾聴力ってすばらしい

自粛があけて、久しぶりに友人と会ってきました。
子育てのこと、いまやりたいこと、将来のこと、がんばっていること…。
どれだけ話しても話したりないくらい、楽しい一日になりました。

なんでこんなに楽しいのかな?

それは、友人の「聴く力」がとっても優れているから!なんです。
絶妙な相槌と質問力、共感力もすばらしく、話している側が気持ちよくなる。
ナチュラルなのがまたいいんですよね。

聴く力を高めたくて読んだ本。

「会話が続く、上手なコミュニケーションができる! 図解 相手の気持ちをきちんと<聞く>技術」平木典子著 

この本の内容とあわせて、相手によりそう傾聴について考えてみました。

f:id:rtmkkk:20200610154935p:plain

 

 聴く力とは?

 相手に共感しながら、話を「聴く」。
「うんうん」「へぇ~」こんな相槌をしていませんか?
私はこのタイプ。これだと会話が長続きしません…。


聞き上手な人には、こんな特徴があります。

  • 意識して共感をことばで積極的に伝える(積極的な関心)
  • ほんの小さなプラスを口に出してほめてくれる(称賛)
  • 相手をはげます(具体的にときには期限もまじえて)
  • 相手をねぎらう(一緒に残念がる)

相手に関心をもって話を聞かないと、右から左に流れていきますよね。
「それはおもしろいね。そのあとどうなったの?」
「それはどういうこと?」
「私はいいと思うよ。」
こんな風に返してくれると、好意をもってくれてるんだな、まだ話し続けても大丈夫かな、と安心が生まれます。
相手の話をより深く理解しようとして、返事をしてくれているのが分かるからです。

「へぇ~」
「ふーん」の返事だと、あれ?興味ないのかな?もうこの話はやめたほうがいいかな?と話す側は不安になります。
そして、会話をやめようとしますよね。(やめない人もいますが…笑)

ここが話が弾むかどうか、の分かれ道。
夫婦間、親子間でだんだん話さなくなる…のは、「聴く」モードではなく、なんとなく聞いて、話を流してしまっているからかなぁ?と反省しました。

相手の言いたいこと、わかってもらいたいことをきちんと「聴く」 こと は、相手を大切にしていること、受けとめようとしていることを相手に 伝えることになるのです。

平木 典子. 会話が続く、上手なコミュニケーションができる! 図解 相手の気持ちをきちんと<聞く>技術

「聞く」から「聴く」へ。
相手への無関心は相槌の打ち方だけではなく、無意識のうちに表情や態度にもあらわれている可能性が…。
ここもあらためて気をつけねば、と思いました。

聴いてくれるとどうなる?

では、相手が興味をもって聞いてくれたらどうなったでしょうか?
気分よく話しているうちに、色々な新しいアイデアが浮かんできたのです!
それは新しいものでもなんでもなく、もしかしたら心の片隅にあったのかもしれません。
でも一人で悶々と考えていても、ひらめかなかったこと。
やるかどうしようか迷っていること。道筋がみつからなかったこと。
頭の中にストックされていた知識のピースが掛け合わさり、新しいものが生まれる。
カチッとはまった瞬間は最高ですね。

これってまさに「コーチング」。
人の力を自然にうまく引き出せる。

さすがにそこまでは難しいかもしれませんが、この人といると気分がいいな♩と思ってもらえるような存在になりたいです。

こういう態度はいやだ

 「聴く」を妨げる6つの態度。(相手の気持ちをきちんと<聞く>技術より)

  1. 先入観のある対応
  2. 無関心な対応
  3. 自分の話したいことや興味を優先する
  4. 正解思考/議論のような対応
  5. 「違い」を「間違い」と判断する
  6. アドバイス志向

とある飲食店で。
隣に座ったサラリーマン2人組。
恐らく同僚であまり親しくない関係だと思われます。(お互い敬語でした)
一方が何かを話すたびに、聞き手はすべて自分の話に持っていくのです!

「あ~、あるある。それで?」ではなく、
「あ~、あるある。うちはね…」のように、お相手の話を膨らませずに自分のことばかり…。
よく話す男性にもびっくりしたのですが、食事中の10分間、隣で聞いていた私たち夫婦は彼のことにすごく詳しくなりました!笑

このように一方的なコミュニケーションだと、片方はフラストレーションがたまります。
上下関係のある先輩・後輩や上司・部下ではよくあることかもしれません。
しかしここで相手の話を「傾聴」すれば、ぐっと信頼関係は深まるでしょう。
話を聞いてくれる先輩・上司として人気者になれるかもしれません。
人がやっていないことをやる。
それだけで輝ける存在になりますね。

自分も実践したい

ということで、今年の目標のひとつに「傾聴力を高める」を追加しました。
成果は数値化できないけれど、”最近変わったね”とか、ポジティブな声かけをしてもらえたら良しとしたいと思います。

 
最後までお読みいただきありがとうございました。