usagi_note

日々の学びをアウトプット!

当たり前 が変わった

 

ここ最近の自粛期間を経て、新しく取り入れたこと。

Amazonの定額サービス、Kindle Unlimited(読み放題)をはじめました!

 

f:id:rtmkkk:20200516211113j:image

申し込みをした理由

私は「図書館」が大好き。
子どものころからずっと通っていました。
借りては返し、返しては借り…

ジャケ借り、あらすじパラ読み、気に入った作家さんを見つけると全部借り。
など、ジャンル問わず、図書館ならではの恩恵(無料)を受けながら、
片っ端から興味があるものをどんどん借りていました。

その習慣は大人になってからも変わらず。
結婚したら「図書館の近くに住む!」ことを夢に描いていました。

図書館が休館になった!

コロナの影響により、明日から休館になります!というニュースが…

これは衝撃でした。
仕事で使う資料、息抜きのための雑誌、(本人はあまり読まないけど)こどものために借りる小説や図鑑。
当たり前のように通っていた図書館、
つかの間のお別れですが、仕事の資料に関しては、「明日からどうしよう…」と絶望的になりました。

そして…活字を読まない日々が始まり。

離れてみて認識した「活字愛」。←そんな言葉あるのか!?
本を読みたい本を読みたい…
新聞を買ってみたりもしましたがなんだか違う、と1日でやめました。

そんな矢先にふと目にしたKindle Unlimited!
これはいいかも!と早速申し込んでみました。

申し込みの決め手

アプリを入れるとPCからも閲覧可能

30日間の無料体験ができたこと

スマホ閲覧は画面が小さすぎてつらいし、本を読むのにタブレットまで購入するのはなぁ、ってなかな踏み切れてなかったのですが、なんとPC端末でもOKでした。笑

金額は月額980円で読み放題。
最初の30日間はお試し期間。合わないかな?と思った段階で解約すれば金額は発生しないとのこと。

無料期間があればハードル低めで始められますね。
(結局キャンペーン中であった無料期間なしの3か月299円のプランに決めました!)

Kindle Unlimited」は小説やビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など、幅広いジャンルの本を配信。読み放題の対象は12万冊以上! 

 キャンペーン期間が終了しても、月額980円であれば、雑誌を2冊、ビジネス本は1冊読めば元が取れる感じでしょうか。

利用してみた感想

f:id:rtmkkk:20200523060807j:image

導入作業は非常に簡単で、すぐに利用を開始することができました。
オレンジページや天然生活の雑誌、レシピ本もたくさんあり、2週間ですでに40冊以上は読んだかも…。

本を読むためには、アプリ内に書籍をダウンロードします。
1度にダウンロードできる冊数は10冊まで。
超えた場合は、ダウンロードした本の中から適宜削除して、次をダウンロードする流れになります。(図書館でレンタルするイメージです)
ダウンロードしたものはオフラインでも閲覧できます。
この点ではタブレットがあると有利ですね。
移動中や空き時間に読めるので利便性も高そう。

私はPC閲覧なので、気になるものをいくつかダウンロードしておき、すきま時間に少しずつ読んでいます。

雑誌の種類によっては、最新のものがみれたり、バックナンバーも読めるので見逃してたものに出会えたりします。

ビジネス本に関しては、最新のものはあまりなさそうですが、何の気なしに読んでみた本がすごくよかったり、発見があったり!
内容が合わなければすぐ次に移れるし、多読にぴったり。

そして何より、

かさばらない!!!!!!!!

この一点につきます。すごい世の中になったものです…。

おわりに

Kindle Unlimitedを導入してみた結果、自分にはあっているなぁと感じました。
読みたい本は読み放題の対象外だったり、キープできる冊数が10冊まで、と制限もありますが、これからも図書館と同じ感覚で利用できそうな気がしています。

3か月後、月額980円になっても続けているかどうか、またそのときに近況をお知らせします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。